第19回公演『時をかける稽古場』

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

【日程】

2014年6月7日(土)~6月15日(日)

6月7日(土)19:30
6月8日(日)13:30/18:30
6月9日(月)19:30
6月10日(火)14:30/19:30
6月11日(水)14:30/19:30
6月12日(木)19:30
6月13日(金)14:30/19:30
6月14日(土)14:30/19:30
6月15日(日)13:30/17:30

【会場】

サンモールスタジオ

【料金】

予約券:¥3,000 当日券:¥3,500
予約券:¥2,500 当日券:¥3,000(前半料金・平日昼料金)
「貧民割引」「大貧民割引」「リピーター割引」「高校生料金」あり

【概略】

時間移動もの × 演劇現場もの で描く“劇団という青春”!!
前作『ナイゲン』で高い評価を得たアガリスクエンターテイメントが、このたびサンモールスタジオに進出!
勝負をかけた一発目に選ぶ題材として、ずっと憧れ、暖めててきた“時間移動”をとうとう解禁!
若手劇団が演劇公演の為だけにタイムマシンを使い倒し時をかけまくる「時間移動もの×演劇現場もの」というトリッキーな設定で描く、普遍的な「あの頃」の物語。
目指すは、時間移動SFの新しい決定版。

超遅筆な脚本家率いる若手劇団「第六十三小隊」は、勝負をかけた公演を二週間後に控えながら、台本が1ページも無いという危機に瀕していた。
ある日、稽古場にて偶然タイムマシンを発見した劇団員達は起死回生の策を思いつく。
それは「稽古最終日まで行って、完成したあとの台本を取ってくる」というものだった…!

【CAST】

淺越岳人
鹿島ゆきこ
塩原俊之
沈ゆうこ(以上アガリスクエンターテイメント)
榎並夕起
熊谷有芳
甲田守
さいとう篤史
斉藤コータ(コメディユニット磯川家)
津和野諒
細井寿代
前田友里子

【STAFF】

脚本・演出:冨坂友
演出助手:鎌田将一朗/日座智絵/日向あこ(キレイゴト。)
文芸助手:淺越岳人/中村優作
舞台監督:大地洋一
舞台美術:本橋龍
照明:南雲佑(サマーソニックシアター)
音響:安藤達朗
音楽:三濱徹也
宣伝美術:蒔田桃菜
WEB製作:西川瑞己
制作:しむじゃっく
製作:アガリスクエンターテイメント
協力:
キレイゴト。/コメディユニット磯川家/サマーソニックシアター/CoRich舞台芸術!/市川市地域ふれあい館

公演特設ページは こちら